食べる

札幌のソウルフード!「みよしの狸小路店」で「ぎょうざ定食」を食べる

餃子の「みよしの」の「ぎょうざカレー」が札幌市民のソウルフードだという噂を聞いたので、早速食べに行ってきました。実は「みよしの」に行くのってすっごく久しぶりなのでテンション上がりました(笑)

「みよしの」とは

みよしの

「みよしの」は札幌発祥の餃子とカレーの専門店です。歴史をたどると、大正時代に「美よし野」という大衆食堂を出店したのが始まりだとか。その後、1967年に餃子専門店「みよしの」3条店を開業。さらに1977年に「みよしのカレー」の販売を開始。以降「みよしの」は餃子とカレーの専門店として、札幌市民の支持を集め続けています。

「みよしの狸小路店」とは

みよしの

せっかく札幌市民のソウルフードを食べるなら、歴史のあるお店に行きたいということで、狸小路のお店に行ってみることにしました。昭和2年の狸小路の地図を確認してみると、狸小路2丁目に確かに「美よしの」というお店があります。斜め向かいにあるサッポロビールの位置が昭和初期から変わっていないことを考えると、「美よしの」があった場所も、現在の「みよしの狸小路店」がある場所とほぼ同じだと考えて良さそうです。ということで、今回は狸小路の「みよしの」に初めて入ってみることにしました。いかにも昭和初期から続いていると思わせられる小さな間口ですね。

みよしの

店内も想像どおりに非常に狭くて、壁に付けられたテーブルがカウンター席となっています。ほとんどの客が一人客らしくて自動的に相席となります。

「みよしの」の定食・セットメニュー

みよしの

ぎょうざ定食460円でライス大盛りは524円。大盛りぎょうざ定食は575円です。カレーとぎょうざがセットになったみよしのセットは500円。定食好きの僕は大盛りぎょうざ定食をオーダーしました。

「みよしの」のカレーメニュー

みよしの

続いて、札幌市民のソウルフードと言われるぎょうざカレー420円。相棒は札幌市民のソウルフードの味を確かめるため、ぎょうざカレーを注文しました。カレーは辛口と甘口からチョイスする仕組みです。

札幌市民のソウルフードと言われるぎょうざカレー

みよしの

ほどなく相棒のぎょうざカレーが登場。札幌市民のソウルフードらしいですが、実物を見るのはこれが初めてです。相棒の感想によると、カレーの上の餃子は、あまり熱々ではなくて軟らかい餃子だったそうです。カレーにマッチする餃子ということなんでしょうね。カレーは程良い辛さで美味しかったそうです。

大盛りぎょうざ定食

みよしの

続いて、僕の大盛りぎょうざ定食が登場。餃子を一口頬張るとパリパリ熱々で肉汁がほとばしり出てきます。めちゃくちゃ熱くて驚きました。熱々バリバリの餃子って本当に美味しいですよね。あまり上等の米ではありませんが、餃子の勢いで白いご飯がどんどん進みます。味噌汁も漬物もほとんど無視して、餃子とライスに集中してしまいました。ソウルフードでも何でもいいけど、僕はこのぎょうざ定食が好きですね。

まとめ

食べ終えてから、相棒のぎょうざカレーを一口もらうの忘れていたことに気が付きました。札幌市民のソウルフードの味、確かめられなかった(笑)まあ、餃子はやっぱり白いご飯で食べたい派ですね。この次は「みよしの」のカレーライスを食べてみたいと思います。

おまけ

餃子の焼き上がりを待っている間にも、男性の一人客が続々と来店していました。ほぼほぼ常連の方々らしくメニューも見ないでぼそぼそと小声を注文しています。何だかこういう重苦しい雰囲気って「1980年代の都会的風景」っていう感じがして、見ていて楽しいですね(笑)お店のスタッフも重苦しい接客で「都会の片隅的ムード」を盛り上げてくれます。

北海道民のソウルフード、まるちゃんしょうゆ味ラーメン
道民のソウルフード「やきそば弁当」と「しょうゆ味ラーメン」の実力忙しいときにも重宝するお手軽なインスタントラーメン。 中でも、札幌市民のソウフルフードとも言うべき存在が「やきそば弁当」と「マルち...
ABOUT ME
ささら
ささら
札幌ソロ活代表。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。好きな言葉は「振り出しに戻る」。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。