カフェ

ソフトクリームのパフェでブレイク「UMIERE 2nd(ウミエールセカンド)」

札幌も少しずつ春めいてきましたね。今回は本格ソフトクリームがインスタグラムで大人気となっているカフェのお話です。お店の名前は「ウミエール・セカンド」。行っておきたい、札幌の話題スポットですよ。

UMIERE(ウミエール)の概要

ウミエールは2017年12月24日、札幌ファクトリー北向かいにある歴史的建造物岩佐ビル1階にオープンした小さなカフェです。開店に向けた準備の様子からインスタグラムで発信を始めていて、オープン直後からインスタを中心に人気が爆発、あっという間に超人気カフェとなりました。

モコモコのソフトクリームが人気商品で、ソフトクリーム専門店とも呼ばれていましたが、ウミエールの特徴は、単に飲食を提供するというだけではなく、ファッションや雑貨などを含め、広くライフスタイルを提案していくというお店のコンセプトにあると思います。

実際小さなお店の中には、オリジナルやセレクトの洋服のほか、洗練されたデザインの雑貨などが販売されていて、カフェと合わせて全部で「ウミエール」というお店があるんだということが伝わってきます。

ケルス
ケルス
雑貨好きな人にもお勧めだよ。

UMIERE 2nd(ウミエール・セカンド)の概要

ウミエールセカンドウミエールのカウンター

インスタグラムであっという間に人気店となったウミエールは、2018年4月21日、今度は札幌中心部に2号店「ウミエール・セカンド」を出店します。1号店に比べて雑貨販売は小規模ですが、「ウミエール・セカンド」でもオリジナルのTシャツを販売するなど、ライフスタイルカフェとしての雰囲気は十分に感じられます。とは言え、立地から考えてもこちらの主力はやはりカフェ。特に超人気商品のソフトクリームが手軽に食べられるとあって、店内は常に混雑しています。

ケルス
ケルス
人気パフェは売り切れてしまうこともあるんだ。

UMIERE 2nd(ウミエール・セカンド)のメニュー

ウミエール・セカンドには非常にたくさんのメニューがあって、いろいろと変化もしているので、今回はその一部をご紹介したいと思います。

・ソフトクリーム 430円
・アフォガード 500円
・ソフトパフェ 700円
・フルーツゴロゴロパフェ 700円
・ソフトコーヒーゼリー 630円
・ソフトスムージー 700円
・ソフトシェイク 630円
・和のソフトシェイク 700円
・ナタデココあんみつ 680円
・ぜんざいソフト 700円
・ソフトフロート 630円
・ソフトドリンク 430円
・ボトルドリンク 450円~500円

「ウミエール・セカンド」の基本メニューはソフトクリームで、このソフトクリームが超人気の主力商品です。さらに、人気のソフトクリームを使ったアレンジメニューが数多く用意されていて、パフェメニューは特に大人気となっています。「ミルクソフト」は有機生乳100%の牛乳を使った濃厚さとさっぱりとした味わいが特徴。「チョコレート」は3種類のビターチョコと生クリームの味わいが美味しい、大人のチョコレートソフト。ミックスは「イチゴチョコ」と「チョコミルク」があります。

「アフォガート」は、ソフトクリームにこだわりの珈琲豆を使って抽出したエスプレッソをお好みでかけながら食べます。甘さと苦さが際立つ大人のデザートです。

「ソフトパフェ」は、ソフトクリームに果物や白玉などがトッピングされています。いちご、ブルーベリー、マンゴー、バナナがあります。

「ソフトコーヒーゼリー」は、自家製コーヒーゼリーの上にソフトクリームが乗っています。

「ソフトシェイク」は、ソフトクリームとフルーツをシェイクしたドリンクです。生クリームやフルーツ、プレッツェルがトッピングされています。ブルーベリー、いちご、バナナの3種類で、チョコやキャラメルのソースをトッピングすることも可能です(プラス30円)。

「和のソフトシェイク」は、生クリームや白玉、餡子などがトッピングされたソフトシェイクで、抹茶とキャラメルほうじ茶があります。

「ソフトドリンク」には、ハイビスカスティと自家製のいちご果汁入りジャムを炭酸で割ったストロベリー・ハイビスカス・クーラーと、自家製のミントシロップを炭酸で割ったレモンミントクーラーがあります。

人気の「ボトルドリンク」は、こだわりの珈琲豆や茶葉をつかったドリンクで、コーヒーミルクとミルクティーが450円。他にマンゴー、ブルーベリー、いちご、バナナなど、フレッシュなフルーツを使ったスムージーもあります(各500円)。

ケルス
ケルス
詳しいメニューはお店で確認してね。

とにかくアレンジメニューがたくさんあるのですが、初めての人は、まずオリジナルのソフトクリームを食べてみていただきたいと思います。ソフトクリームを食べることでウミエールというお店が何を目指しているのかが、何となく伝わると思いますので。もう少し贅沢な気分が欲しい方にはソフトパフェをお勧めします。ソフトクリームもソフトパフェもインスタ映え間違いなしです(笑)

「ウミエール・セカンド」のホスピタリティ

ウミエールセカンドウミエールの店内。オリジナルのTシャツも売っていた。

ウミエール・セカンド」は、基本的にはテイクアウトが中心のソフトクリームスタンドですが、壁際にカウンター式のイートインコーナーが用意されています(上の写真は、入口から見た店内風景)。インスタ用の写真は、このシンプルな壁を背景にすると撮りやすいです。ソフトクリームの写真を撮りたいときは、ちゃんとソフトクリームスタンドもあります(笑)

ウミエールセカンド丸いのが中央テーブル。

椅子があるのは壁際カウンターのみですが、そのほか、店内中央に丸テーブルがあるので、スタンド形式ですが、そこでパフェを食べることも可能です。

ケルス
ケルス
混雑していることが多いよ。

ゆるゆるグルメレポート

「ウミエール・セカンド」は札幌中心部にあるので、いつ行っても賑わっている印象があります。限定パフェなどは夕方に行くと売り切れていたりする場合もあるので、今回は開店直後の時間帯を狙って行ってみました。

ウミエールセカンド真ん中の小さいビルの2階にウミエールがある。

「ウミエール・セカンド」は、上の写真では真ん中の小さなビルの2階にあります(2階への階段は、ビルに向かって左端にあります)。古くて小さなビルの狭くて急な階段をゆっくりと上っていくと、お店が登場。

開店直後に来たつもりが、店内は既に結構な賑わいです。スーツケースを持った女子2人、大学生くらいのカップルが2組。このお店、カップル率が高いような気がします(笑)僕は定番のソフトクリームのチョコミックス、相棒は今一番人気のチョコソフトのストロベリーパフェです。カウンターでオーダーと支払いを済ませて、商品を受け取るスタイル。カウンター席に座って、ゆっくりと頂きます。

ウミエールセカンドソフトクリームとパフェ。

ここのソフトクリームはずっしりと重いのが特徴。ソフトクリームって空気の塊というイメージがあるのですが、ここのソフトクリームはまさしくソフトクリームの塊です(笑)食べ応えがあるというか、正直ボリュームがあります。ハーフサイズがあったらうれしい感じ。甘いもの好きな方には十分に満足して頂けるレベルだと思います。

ケルス
ケルス
ハーフサイズを希望(笑)

大学生カップルは店内で写真を撮った後、そのままテイクアウト。どうやら開店直後の賑わいが収まった後の静寂がやってきたみたいです。旅行の女子2人も静かなので、厨房の奥から聞こえる店員さん同士の笑い声だけが店内に響き渡っていました(笑)

まとめ

それでは最後に「ウミエール・セカンド」のお勧めポイントをご紹介したいと思います。

・本格ソフトクリームやパフェが人気
・札幌中心部にあるので気軽に立ち寄れる
・お手頃価格で楽しめる

札幌の話題スポットなので、旅行の途中にちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。参考になれば幸いです!

ジェラテリアホワイト
真冬の札幌でジェラートを食べる!「ジェラテリア ホワイト」のアイスモナカ北海道の真冬にアイスクリームなんて聞くと、もしかすると驚かれるかもしれませんね。だけど、暖房環境が発達している北海道では、真冬でも部屋の...
ABOUT ME
ケルス
ケルス
札幌ソロ活代表。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。好きな言葉は「振り出しに戻る」。