暮らす

ABRAHAM MOONのツイードで札幌の冬をオシャレに乗り切る

大人のオシャレは「ABRAHAM MOON」のツイードで

「ABRAHAM MOON」をご存知ですか?

寒さ厳しい札幌の冬のビジネスシーンを乗り切る上で、「ABRAHAM MOON」のビジネスアイテムは力強い味方になってくれますよ。

なお、お勧めのコートについては別記事「秋冬春別に解説。北海道でおすすめなアウター/コートの選び方」で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

秋冬春別に解説。北海道でおすすめなアウター/コートの選び方北海道旅行で気になることのひとつに「寒さ対策」があるのではないでしょうか。 「さっぽろ雪まつり」が開催されているような真冬はともか...

創業200年近い歴史を誇る老舗ファクトリー

「ABRAHAM MOON(アブラハム・ムーン)」は、イギリスのビクトリア女王が英国の王位を継承された1837年に、アブラハム・ムーン氏によって創業された、とても長い歴史を誇る毛織物ファクトリーです。

どさんこケルス
どさんこケルス
「アブラハム・ムーン」は創業者の名前なんだね
英国ツイードの老舗ブランド「ABRAHAM MOON」英国ツイードの老舗ブランド「ABRAHAM MOON」

MOON社は現在でも染色・紡績・フィニッシング(整理)まで、すべての生産工程を一貫して自社内で行なっている数少ないメーカーなんだとか。

このMOON社のツイード生地を使ったファッションアイテムは日本国内でも大変人気があり、毎年様々なブランドからMOON社のツイード生地を使ったアイテムが数多く提案されています。

熟練の職人の手による最上級のツイード生地

MOON社のツイード生地は非常に高いクオリティを有していることで有名です。

「ABRAHAM MOON」のタグにプリントされた写真「ABRAHAM MOON」のタグにプリントされた写真

未加工の羊毛が熟練の職人の手によって最上級のツイード生地へと仕立てあげられていく。

MOON社のツイードには長い歴史と職人の誇りが織り込まれているのです。

ツイードは冬の北海道で活躍する

ツイード生地はクラシックなファッションアイテムのように思われがちですが、極寒の北海道にあっては実用的な意味を持っています。

「ABRAHAM MOON」は上質な英国ツイードのメーカーだ「ABRAHAM MOON」は上質な英国ツイードのメーカーだ

ツイード生地というのは、ざっくり言うとウールを厚手に編んだ織物生地のこと。

ウールを厚手に編んでいるから、防寒性に優れているんですね。

実際モコモコとしたツイードはとっても温かくて、冬の北海道ではぜひお勧めしたい素材です。

ツイード生地は見た目にもモコモコとしていて、とても暖かそうな風合いをしています。

だから、季節感を表現するという意味において、秋冬のファッションアイテムとしては非常に優秀な存在です。

ツイード生地のアイテムを身に付けているとオシャレに見えるというのは、季節感に敏感な人という印象を与えることができるからなんです。

雪が降ってる札幌の街にツイードはすごくお似合いなんですよね。

どさんこケルス
どさんこケルス
札幌はツイード生地の似合う街だよ

ちなみに、雑誌POPEYEでもツイード素材は大人にお勧めのファッションアイテムとして紹介されています。

超コスパな価格設定

MOON社のツイード生地は間違いなく上質のアイテムですが、コストパフォーマンスは驚くほど高いです。

背伸びしないちょうど良い価格で手に入る上質のブランド。

まさに普通のビジネスマンの身の丈に合ったコスパアイテムが、MOON社製ツイードを使ったアイテムの大きな特徴なんですね。

ちなみに、MOON社はあくまでも生地を提供するメーカーなので、その生地を使ってどのような商品を製造するかということは、それぞれのファッションブランドの仕事ということになります。

どさんこケルス
どさんこケルス
「MOON社のアイテム」という言い方はしないんだね

MOON社ツイードアイテムまとめてレビュー

それでは、今年、管理人が実際に購入したツイードアイテムをご紹介したいと思います。

いずれもMOON社製のツイードを使用した上質なビジネスアイテムですよ。

ザ・スーツカンパニーの3ピースセットアップ

今季一番の買い物はザ・スーツカンパニーの3ピースセットアップ

「ザ・スーツカンパニー」「ザ・スーツカンパニー」
MOON社製ラムズウールの生地を使ったホームスパンのセットアップ

ザ・スーツカンパニー20周年アニバーサリーのアイテムで、MOON社製ラムズウールの生地を使ったホームスパンのセットアップです。

「ホームスパン」とはツイード生地の一種です。従来は羊毛農家が自家用に作った織物のことを言いましたが、現在では手作り感のあるツイード生地を「ホームスパン」と呼んでいます。洗練されたツイード以上にクラシックなムードが特徴。

あくまでもセットアップスーツなので、ジャケットとパンツの組み合わせを自由に入れ替えて使うことも可能。

着用シーンが増えてコストパフォーマンスは最高に高いと思います。

すっごくモコモコしているので、見た目以上に暖かくて、もはや冬の北海道ではツイードのスーツなしでは過ごせない、とさえ考えてしまいます。

この温かさを知ってしまうと、普通のウールスーツに戻るのがつらくなるかも?

ブランドも推しのアイテムらしくて、雑誌「Begin」でも紹介されています

created by Rinker
¥611
(2020/07/02 10:46:01時点 Amazon調べ-詳細)

ジャケット26,000円、パンツ13,000円、ジレ11,000円(いずれも税抜き)。

3ピースで揃えて5万円。

冬を快適かつオシャレに過ごすための投資だと考えると、決して高くはないと思いますよ。

四丁目プラザ(4プラ)の「ザ・スーツカンパニー」で購入しました。

どさんこケルス
どさんこケルス
管理人は9月に買って、雪が降るまで温存していたんだって(笑)

ザ・スーツカンパニーのヘリンボーン柄ネクタイ

同じくザ・スーツカンパニーのネクタイも買いました。

ザ・スーツカンパニーのヘリンボーン柄ネクタイザ・スーツカンパニーのヘリンボーン柄ネクタイ

スーツに使用しているファブリックブランドの生地を使って国内生産するという「SUIT FABRIC TIE」シリーズのネクタイです。

ジャケットとネクタイの生地を合わせると、当たり前ですが黙っていてもオシャレ見えします(笑)

4,800円(税抜き)のコスパ価格もうれしいところ。

green label relaxingのツイード手袋

手袋は札幌ステラプレイスの「グリーンレーベルリラクシング」で購入。

「green label relaxing」MOON社製ツイードの手袋「green label relaxing」MOON社製ツイードの手袋

はっきり言って衝動買いでしたが、良い買い物をしたと思っています。

甲側にはMOON社のツイード、手のひら側は羊革を使っています。

定価9,900円(税別)でしたが、これはお値段以上の価値があるのではないでしょうか。

ビジネスシーンの手袋として、ツイード生地と本革を組み合わせたものは、見た目にスマートで、実際に暖かいので超絶お勧めです。

MOON for SHIPSのプレーンマフラー

マスラーは札幌パルコの「SHIPS」で購入しました。

MOON for SHIPSのプレーンマフラーMOON for SHIPSのプレーンマフラー

定価5,500円(税込)とお買い得ですが、理由は生地が薄いからだと思います。

最初はちょっとペラペラかなあと思いましたが、ビジネス用のマフラーとしてはちょうど良いと思っています。

マフラーはボリュームの少ない方がスマートに見えるので。

まとめ

最後に、札幌の冬をMOON社のツイードアイテムで過ごすメリットをまとめておきたいと思います。

・厚手ウールなので暖かい
・クラシックなムードでカッコイイ
・意外とコスパアイテムが多い

最低限の投資で上質なビジネスライフを過ごしたいと考えているサラリーマンの方には、本当にお勧めだと思いますよ。

以上、参考になれば幸いです!

秋冬春別に解説。北海道でおすすめなアウター/コートの選び方北海道旅行で気になることのひとつに「寒さ対策」があるのではないでしょうか。 「さっぽろ雪まつり」が開催されているような真冬はともか...
ABOUT ME
ささら
ささら
札幌ソロ活代表。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。好きな言葉は「振り出しに戻る」。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。