食べる

札幌の昭和レトロなカフェ「喫茶キング5」でモーニングコーヒー

札幌の昭和レトロなカフェ「喫茶キング5」でモーニングコーヒー

札幌に残るレトロな喫茶店「喫茶キング5」に行ってきました。

意外と大通からも近くて、朝から営業しているので、リアルに重宝しています。

店名:喫茶キング5
住所:札幌市中央区南4条東2丁目
営業時間:9:00-
駐車場:隣にコインパーキングあり

「喫茶キング5」は二条市場のすぐ近く

「喫茶キング5」は、札幌市中央区南4条東2丁目にある喫茶店です。

少し遠そうな雰囲気ですが、観光スポットの「二条市場」が南2条東2丁目までなので、実際には二条市場のすぐ近くで、同じ通りを少し北(南3条東2丁目)へ行くと、人気カフェ「pool(プール)」があります。

信号をひとつ越えますが、本当に「pool」と同じ並びなので、「pool」をご存じの方は、そのまま南へ歩いて行きましょう。

駐車場はありませんが、「キング5」の真横にコインパーキングがあるので、自動車でも困ることはありません。

キングコーヒーの「喫茶キング5」

外観はかなり年季が入っていて、初めての方は戸惑うかもしれません。

青いテントが失われてしまった「喫茶キング5」青いテントが失われてしまった「喫茶キング5」

かつてあっただろう店舗テントはすっかりと失われて、錆びた骨組みだけが無機質に遺されています。

かろうじて「キングのコーヒー」のブランドネームが入った「喫茶キング5」の行灯だけが、ここに喫茶店が営業していることを示しています。

ドアや窓からは店内の様子をうかがい知ることもできないので、僕も最初に入る時は、かなり不安でした(笑)

だけど、店内は設備は古いものの清掃が行きとどいていて、非常に清潔に保たれています。

古くて小さな喫茶店にありがちな、微妙な匂いが店内に漂っていることもありません。

常連客の多い喫茶店

年配の女性(ママ)が一人で切り盛りしている喫茶店です。

店内はカウンター席、テーブルゲーム席、ボックス席の3層構造店内はカウンター席、テーブルゲーム席、ボックス席の3層構造

店内はカウンターとテーブルゲームの席のボックス席との3層構造になっています。

令和の時代に、テーブルゲームを置いている喫茶店が、まだあるということに感動します。

僕は一番奥のテーブルゲームの席に座ることが多いのですが、今日は先客がいたので、少しロフトっぽくなったボックス席に座りました(ママさんは「上も空いてますよ」と言った)。

先客は年配の女性一人で常連客らしく、「お母さん(喫茶店のママ)」と元気なおしゃべりが続いています。

喫茶店のママも、すごく元気な方なので、二人の元気な会話を聞いているだけで、すごく楽しかったです。

ドリンクもフードもメニューが豊富

「キング5」は、昭和時代に多かった「軽食と喫茶」のお店という感じで、ドリンク・フードともにメニューが豊富です。

ドリンクメニュー。モーニングコーヒーは250円。ドリンクメニュー。モーニングコーヒーは250円。

モーニングサービスが用意されているところも、昔の喫茶店らしいですね。

最近のおしゃれカフェにはないメニューの多さです。

僕が好きなのは「喫茶キング5」の焼きそば(600円)です。

フードメニュー。食後のコーヒーは150円。フードメニュー。食後のコーヒーは150円。

もともと喫茶店で食べる焼きそばが大好きなのですが、「喫茶キング5」の焼きそばは自分の好みにぴったりなので、すっかりと定番になってしまいました。

目玉焼きの乗った焼きそばにサラダとスープがついて600円。

焼きそばはスープとサラダがセットで600円焼きそばはスープとサラダがセットで600円

 

目玉焼きの乗った焼きそばは喫茶店らしい細麺目玉焼きの乗った焼きそばは喫茶店らしい細麺

サイフォン式の浅焙りコーヒーは飲みやすい

食後に「食後のコーヒー(150円)をオーダー。

「喫茶キング5」のコーヒーは、これも懐かしいサイフォン式抽出コーヒーで、流行りの深焙り珈琲ではなくて、あっさりとした浅焙り珈琲なので、ゴクゴクと飲むことができます。

浅焙りコーヒーをサイフォン式の抽出で提供浅焙りコーヒーをサイフォン式の抽出で提供

昭和の頃は、こういう飲みやすいコーヒーが主流だったので、何杯もお代わりすることができたんでしょうね。

ママさん一人で切り盛りしているお店ですが、すごく手早いらしくて、コーヒーも焼きそばもさっと提供されます。

食事が終わると、すぐにやって来て、空いたお皿を下げてくれるのも、気持ちが良いですね。

漫画を読みながらゆっくりと休息したい

窓際のボックス席に座ったのですが、窓のすぐ向こう側に通りが面していて、たくさんの人たちが通り過ぎて行きます。

「喫茶キング5」の店内には、昭和の記憶がある「喫茶キング5」の店内には、昭和の記憶がある

落ちつけるようにレースのカーテンを引いているので、外から店内を覗くことはできません。

店内の本棚には漫画がびっしりと収納されているので、「漫画を読みながらゆっくりと休息したい」というビジネスマンの憩いの場にもなりそう。

僕は仕事の都合で、土曜日に利用することがほとんどですが、平日のランチタイムにも来てみたいなと思いました。

会計を済ませてお店を出る時の、ママさんの明るい「ありがとうございました~!」の声も最高。

モーニングやランチで使ってみてください。

まとめ

「喫茶キング5」は、札幌でお勧めのレトロ喫茶です。

ドリンク・フードともにメニューが豊富。

モーニングもやっています。

ABOUT ME
ささら
ささら
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。