食べる

【食レポ】ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>

【食レポ】ことりっぷ プチチョコパイ

ロッテの「プチチョコパイ」シリーズから、札幌の「カフェ森彦」のスイーツ「ガトーフロマージュ」の味わいを再現した商品が発売中です。

人気の旅行ガイドブック「ことりっぷ」の企画によるもので、面白そうなので早速買ってみました。

本当に森彦の「ガトーフローマジュ」の味わいが再現されているのか、レポートします。

トトロの世界観を体験できる古民家カフェ「森彦」

「森彦」は、札幌を本拠地とする喫茶店チェーンです。

冬の日の森彦本店冬の日の森彦本店

札幌市内各地に様々な形態の店舗がありますが、本店は円山にある古民家カフェ「森彦本店」

「まるでトトロの世界みたい」と評判の森彦本店は、道内外から観光客が押し寄せる人気スポットとなっています。

ちなみに、森彦本店にしかないコーヒー「森の雫」は、絶対にお勧めのドリンクメニューですよ。

森彦の定番スイーツ「ガトーフロマージュ」

森彦本店の定番スイーツは「ガトーショコラ(チョコレートケーキ)」と「ガトーフロマージュ(チーズケーキ)」の2つ。

「ガトーフロマージュ」と「森の雫」の組み合わせが最高「ガトーフロマージュ」と「森の雫」の組み合わせが最高

深煎りコーヒーとの相性が良いので、森彦本店ではどちらも普遍的な人気スイーツです。

どちらもお勧めですが、個人的には、甘酸っぱい「ガトーフロマージュ」とちょうど良い中煎りの「森の雫」との組み合わせでオーダーすることが多いですね。

ことりっぷ プチチョコパイ「森彦のガトーフロマージュ」

そんな森彦のガトーフロマージュの味わいを再現したお菓子が、ロッテから発売されました。

ことりっぷ公式の商品案内。https://co-trip.jp/article/484523/ことりっぷ公式の商品案内。https://co-trip.jp/article/484523/

人気の旅行ガイドブックとコラボした企画で、商品名は「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」です。

「ことりっぷ」は、週末に行く2泊3日の小さな旅を提案した、女性に人気の旅行ガイドブックです。「co(=小さな)」「Trip(=旅)」で「ことりっぷ」

チーズクリームをふんわりケーキでサンドした上にチョコレートをコーティングした一口ケーキで、「少し塩味をきかせたふんわりケーキ、チーズクリームのコク深い味わいがお楽しみいただけます」とのこと。

お家にいながら、旅をしたような気分になることができる、まさに「ステイ・ホーム」時代のスイーツですね。

「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」は全国のスーパーで発売中

「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」は、森彦の地元の北海道だけではなく、全国で発売中とのことです。

LOTTE公式の商品紹介。https://www.lotte.co.jp/products/brand/chocopie/LOTTE公式の商品紹介。https://www.lotte.co.jp/products/brand/chocopie/

森彦のお菓子が全国展開されるって、なんだかすごいですね。

身近な友だちが、突然、全国区のアイドルになって、遠い存在になっちゃったような感じ?

いやいや、それは言い過ぎか(笑)

札幌市内のマックスバリュで売り切れ

早速、近所のマックスバリュへ行くと、レジ前に「ことりっぷ プチチョコパイ」のパンフレットを掲示したワゴンを発見。

「LOTTE×ことりっぷ おいしいカフェ旅気分」のパンフレットを発見「LOTTE×ことりっぷ おいしいカフェ旅気分」のパンフレットを発見

やっぱり注目の商品なんですね。

しかし、ワゴンの中はスカスカで、神戸の洋菓子店「パティスリー・モンプリュ」の『オペラ』の味わいを再現したプチチョコが残っているのみ。

もしかして売り切れか!?

お菓子コーナーを確認するも、ことりっぷコラボ商品の姿はなし。

さすがに人気カフェ森彦、プチチョコまで売り切れるとは…

サツドラで無事にゲット

そんなとき、近所のサツドラにも「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」が、ワゴンで積んであったとの嫁情報を入手。

嫁に付き添われて近所のサツドラへ行くと、昼にはあったというワゴンがなくなっています。

またもや売り切れか!?と思ったけれど、お菓子コーナーに行くと、まだ並んでいました、「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」。

サツドラで発見した、「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」。サツドラで発見した、「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」。

やっぱり、頼りになるのはサツドラですね。

本体価格198円(税込213円)でした。

サツドラ(サッポロドラッグストアー)は、札幌に本拠地を置くドラッグストアチェーンです。札幌では超定番のドラッグストアです。

パッケージは「ことりっぷ」を再現

さて、ようやく入手した「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」。

パッケージ写真に森彦本店の2階風景が使われているパッケージ写真に森彦本店の2階風景が使われている

パッケージは旅行ガイドブック「ことりっぷ」のイメージを再現したようなデザインになっています。

写真は、円山にある「森彦本店」2階の店内風景をバックに、ガトーフロマージュとプチチョコが並んでいる様子をとらえています。

ガトフロマージュとプチチョコが乗っている白いお皿は、普段から森彦本店で使われている「不悉洞」のお皿です。

「不悉洞」は、小樽市内の「忍路(おしょろ)」という地域にある工房で、高田義一さんという陶芸家の方が活動しています。森彦といったら「不悉洞」というくらい、森彦には欠かすことのできない器です。

木枠の窓の向こう側に見える木漏れ日が爽やかですね。

森彦本店らしい写真だと思いました。

それにしても、パッケージ写真の「ガトーフロマージュ」がとてもフワフワしていて、いかにも美味しそうです!

食レポ「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」

プチチョコはひとつずつ個包装になっています。

さて、いよいよ食レポです。

クリームチーズをサンドしたケーキ生地をチョコレートでコーティングクリームチーズをサンドしたケーキ生地をチョコレートでコーティング

サイズ的には、一口というよりも二口で食べ切りくらいの、ちょうど良い大きさ。

半分に噛み切って口の中に入れると、チョコレートのすごい甘さが口の中に広がります。

チョコパイって、こんなに甘いんですね(普段、チョコレート菓子をあまり食べないので)。

フワフワした触感が、本当のケーキを食べているみたい。

甘いけど美味しい、美味しいけど甘い。

コーヒーがないと、ちょっとヤバイですね。

森彦本店で買ってきた「森の雫」を淹れておいて良かった(笑)

チョコレートケーキとコーヒーのマリアージュ、素晴らしいですね。

小さいから2個くらい食べれそうと思ったけれど、1個で十分な満足感(甘さ)があります。

コーヒーのおともにお勧めですね。

まとめ

「ことりっぷ プチチョコパイ<森彦のガトーフロマージュ>」は、全国のスーパーで発売中。

後から気がついたけど、チョコレートの甘さが強烈で、チーズクリームの微妙な味わいが、よく分かりませんでした(味音痴ですいません)。

とにかく美味しかったです(笑)

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。