食べる

札幌駅北口の昭和レトロカフェ「軽食・喫茶ルフラン」のウインナーコーヒー

軽食・喫茶ルフラン

明治時代に河内硝子工場があった場所と同じ北7条西4丁目のビルの中に、喫茶・軽食ルフランがあります。札幌駅から徒歩1分と利便性抜群な喫茶店。明治時代とまではいかないけれど、昭和時代の空気を感じることができるノスタルジックなお店です。札幌駅北口には南口に比べて意外と落ち着ける穴場スポットが多いです。

こじんまりとした店内には、レトロなソファのボックス席とカウンター席とがあります。懐かしい感じのソファに座って、ウインナーコーヒーを注文。昭和な喫茶店では、ついついアレンジコーヒーを飲みたくなってしまう。

軽食・喫茶ルフランのカウンター席

お店の中は、これでもかというくらいに暖房が入っていて暑いくらいです。気温が氷点下になる真冬でも、屋内では汗をかくくらいに暖房を入れるのが北海道流。これだけ暑かったら冷たいアイスクリームもさぞかし美味しいでしょうね。北海道では冬にアイスクリームを食べることも、また楽しみ(笑)

などと考えている間もなく、ウインナーコーヒーが登場。小さなコーヒーカップにクリームがたっぷりと乗っている。ウインナーコーヒーは最初の一口を飲むのが、なかなか難しいんだよね。だけど、ウインナーコーヒーにして大正解でした。真っ白いクリームを湛えたコーヒーは、白い街サッポロに絶対ぴったりのホットドリンクだから。札幌中の喫茶店でウインナーコーヒーを提供するようになれば、あるいは、ウインナーコーヒーが札幌の街を代表するドリンクになるかもしれません。

だけど、札幌なのに「ウインナー」って変か。あ、ちなみに「ウインナー」はソーセージのことじゃなくて、ドイツの「ウィーン」のことですから(笑)子どもの頃、コーヒーに赤いウインナーソーセージが突き刺さっているものだと思いましたよね?

ルフランの店内は喫煙オーケーだから、平日のランチタイムなどは、煙草の煙が充満しているのでしょうか。まあ、それもまた、正しい昭和の喫茶店風景ではあります。混雑している時間さえ外せば、そんなに煙草の煙が気になることもないと思いますが。

軽食・喫茶ルフラン
札幌市北区北7条西4丁目1−1 東カンビル1階
営業時間 7:00~20:30(土・祝日のみ8:00~19:30)
定休日 毎週日曜日
ABOUT ME
ささら
ささら
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。