暮らす

「時計の病院」で腕時計の電池交換/ダニエル・ウェリントンも対応可能

「時計の病院」で腕時計の電池交換・ダニエル・ウェリントンも対応可能

札幌市中央区にある「時計の病院」で、腕時計(ダニエル・ウェリントン)の電池交換をしてきました。

「時計の病院」の営業時間や定休日、電池交換の費用などを記録しておきます。

クールビズにはナイロンベルトの腕時計を

クールビズが始まったので、腕時計を夏用のものに交換しました。

クールビズではジャケパン・スタイルになるので、腕時計はナイロン・ベルトのものを使っています。

以前はタイメックスのキャンパーを使用していましたが、最近はダニエル・ウェリントンを愛用しています。

ダニエル・ウェリントンの腕時計。夏は青いベルトを使い、秋には赤いベルトに交換している。ダニエル・ウェリントンの腕時計。夏は青いベルトを使い、秋には赤いベルトに交換している。

キャンパーはタフなイメージで、ダニエル・ウェリントンは華奢な印象。

存在感が薄いという意味において、ビジネスシーンではダニエル・ウェリントンの方が使いやすいように思います。

created by Rinker
TIMEX(タイメックス)
¥28,600
(2021/12/06 01:05:22時点 Amazon調べ-詳細)

冬の間、元箱で保管していたダニエル・ウェリントンを取り出してみると、時計が動いていません。

どうやら電池が切れてしまったようです。

普段、腕時計の電池交換は、街へ出かけたついでに、札幌パルコの「時計の病院」を利用することが多いのですが、緊急事態宣言も発令されているし、腕時計の電池交換のために大通まで行くのもためらわれます。

ということで、今回は南9条通りにある「時計の病院」へ行ってみることにしました。

時計の病院
住所:札幌市中央区南9条西17丁目1-1
電話:011-518-0117
営業時間:10:00-19:00(木金14:00まで)
定休日:月曜日

南9条通りにある「時計の病院」

日曜日の午前11時過ぎに店を訪れると、店内に客はいません。

カウンターの奥で作業でしていた男性が出てきて、受付で対応してくれます。

「時計の病院」の店内は、病院という名前にふさわしくとても清潔な印象だ「時計の病院」の店内は、病院という名前にふさわしくとても清潔な印象だ

ダニエル・ウェリントンの腕時計を出して電池交換をお願いすると、針を動かしたりして子細に時計を点検しています。

ダニエル・ウェリントンの場合、時計の裏蓋を開けることが難しいので、事前に故障がないかどうかを確認するのだそうです。

しばらく時計を点検した後で「大丈夫です。電池交換できます」と言われてほっとしました。

電池交換の費用は1,100円、所要時間は5分程度とのこと。

お店の中にベンチが二つあるので、そこで待たせていただくことにしました。

「時計の病院」店内には小さなベンチが二つあって、作業終了まで待つことができる「時計の病院」店内には小さなベンチが二つあって、作業終了まで待つことができる

店内は非常にシンプルで、腕時計の替えベルトの並んだ棚があるだけで、他には何もありません。

などと考えていると「終わりました」との案内があります。

時計を預けてから、ほぼ1分くらいだったでしょうか。

早すぎます!

代金を支払ってお店を出ましたが、店に入ってから店を出るまで、全体で5分もかかりませんでした

「時計の病院」の外観。大きな看板が目立つので迷うことはない。「時計の病院」の外観。大きな看板が目立つので迷うことはない。

お店を出る時に、女性の客が一人来店、続けて男性客が一人来店。

どうやら、たまたま空いているタイミングだっただけで、意外と人気があるみたいですね。

これから腕時計の電池交換は、こちらのお店を利用したいと思います。

「時計の病院」は「北海道スープカレー専門店 雪道」の隣にある

ちなみに「時計の病院」は南9条通りの西17丁目の南側、北向きにあります。

「時計の病院」は南9条通りの南側にある。隣はスープカレー専門店「雪道」「時計の病院」は南9条通りの南側にある。隣はスープカレー専門店「雪道」

交差点の角に「マイバスケット」があって、その横で「北海道スープカレー専門店 雪道」と並んであります。

スープカレー屋専門店の隣にあるので、すぐに分かると思います。

数分で終わるので、自動車で来た人は、お店の前に横付けしているようでした。

自動車でさっと来店しやすいのもいいですね。

以上、参考になれば幸いです!

初めてでも迷わない!ダニエル・ウェリントンの腕時計の簡単な選び方
初めてでも迷わない!ダニエル・ウェリントンの腕時計の簡単な選び方おしゃれ好きな人たちの間ですっかりと定着した感のあるダニエル・ウェリントンの腕時計。 もちろん、札幌の街でも大人気。 今回は...
ABOUT ME
ひつじ
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。