暮らす

狸小路で買ったアラビア製「サーミ族のソルト&ペッパー」民族衣装がかわいすぎる

アラビア製「サーミ族のソルト&ペッパー」民族衣装がかわいすぎる

これは、今から10年近く昔の話である。

お正月の、初売りのような季節に、狸小路にある骨董店がたくさん集まっているビル(いわゆる骨董モール)で買い物をした。

ところで、最初に断っておくと、僕は本格的なアンティーク・マニアというやつではない。

小さくて小懐かしいモノを、細々と集めることに喜びを見出している、ただの雑貨好きに過ぎない。

その店には、僕の好きそうな小物がごちゃごちゃと並んでいて、その中で僕は、まるで小さな人形みたいにかわいいソルト&ペッパー入れを見つけた。

それを見つけた瞬間に「1960年代の北欧」という言葉が頭に浮かんだけれど、もちろん、具体的なことは何も分からない。

値段を訊ねようと思ってお店を人を探していたら、隣の店主(おじさん)が「今いないよ」と言った。

周りにお店が並んでいるので、こうやって外出することは珍しくないことらしい。

僕が、そのソルト&ペッパーを示すと、隣の店主は、さもつまらなさそうに「これは外国のお土産だね」と言った。

「ひとつ500円でいいよ」

特に迷う必要もなく、僕はその人形みたいなソルト&ペッパーを、全部まとめて(といっても3つしかなかったけれど)買って帰った。

部屋に帰ってから包みを開けて調べてみると、底のところに「ARABIA」(アラビア)のプリントがあった。

「ARABIA」というのはフィンランドのブランドだから、これは、やはり、北欧雑貨だったのである。

ひとまず安心した僕は、それから、このちょっと個性的な人形のデザインについて調べてみた。

すると、どうやら、これは、Esteri Tomula(エステリ・トムラ)という人がデザインした、「Lappalainen」(ラッパライネン)というシリーズのソルト&ペッパー入れらしいということが分かった。

個性的なデザインは、北極圏ラップランド地方で暮らす「サーミ民族」の衣装をモチーフにしているものだったのだ。

エステリ・トムラのデザインによる「ラッパライネン」シリーズのソルト&ペッパー入れエステリ・トムラのデザインによる「ラッパライネン」シリーズのソルト&ペッパー入れ

ちなみに、サーミ族というのは、ラップランドとよばれる、北欧スカンジナビア半島の最北部、北極圏中心(ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの北欧三国とロシア)に住んでいるトナカイ遊牧民のこと。

「コルト」と呼ばれる、色彩豊かな上着の民族衣装が彼らの特徴で、地方ごとに帽子のデザインやフェルトの地色、飾り付けなどが違っているのだという。

サーミ民族の画像をネットで探してみると、かなり印象は異なるものの、衣装の特徴は確かにマッチしている。

特に、青と赤と白で構成されたデザインは、ほぼ正しく再現されているようだった。

黒い髪を長くしているのが女性で、シンプルな方が男性。

うーん、間違いなくかわいい。

アラビア製の人形(?)を入手するのは、これが初めてだったけれど、これなら蒐集する人がいたって不思議ではないと思う。

ちなみに、このシリーズの製品は、1960年から1972年までに製造されていた。

最初に「1960年代のアイテムだ」と感じた僕の直感も、あながち間違いではなかったらしい。

隣の店主は「外国のお土産だ」と言ったけれど、半分は合っていて、半分は間違っていたということだろうか。

何より、彼の値付けはまずかった。

普通に考えて、1960年代のアラビア製品が、ひとつ500円で買えるとは思われないからだ。

まあ、ヴィンテージなどといったって、興味関心のない人にとっては、そんなものだということである。

ABOUT ME
ひつじ
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。