暮らす

札幌在住ビジネスマンが考える札幌の冬に必要なビジネスコートとは?

札幌在住ビジネスマンが考える札幌の冬に必要なビジネスコートとは?

札幌で働くビジネスマンにとって、冬のコートは非常に重要な問題ですよね。

今回は、札幌のビジネスマンに必要なコートについてまとめてみました。

札幌でビジネスコートを購入する場合にお勧めのブランドも併せてご紹介しています。

Contents

ビジネスマンのコート問題は仕事と同じくらいに重要

札幌で働くビジネスマンにとって、冬のコート問題は仕事と同じくらいに重大な問題です。

理由はふたつあって、一つは見た目(ビジュアル)がビジネスマンとしての評価に繋がるからで、もう一つは健康を維持するために必要だからです。

コートがビジネスマンの評価を決める

コートがビジネスマンの評価を決めると言うと、何だか言い過ぎのような気もしますが、あながち嘘でもありません。

ビジネスマンの一般的な制服はスーツですが、よほど攻めたものを選ばない限り、スーツで他人と差をつけることは難しいと言えます。

それは、ワイシャツやネクタイ、革靴も同じで、ビジネススタイルは基本パターンが決まっているから、よほど突飛なものを選ばない限り、おかしな格好になることはありません。

ところが、冬のコートには多くの選択肢があるので、コートによって他者との違いが鮮明になるという事故が多々発生します。

まして、冬のアウターであるコートは、実面積が大きい分だけ、ビジュアル全体に与える影響も大きく、間違ったコートを着ているだけで、ビジネスマンとしての自身の評価を下げることにも繋がりかねません

そして、そういう事故は、毎シーズン、札幌市内の随所で発生しているのです。

オレンジ色のダッフルコートを着ているビジネスマンを見たことがあります。すごくお洒落で攻めてるなあと感心。だけど仕事の方は大丈夫なのかな?とちょっと心配に。休日シーンでは、ぜひ着てみたいアイテムなのですが…

北海道の冬はコートで健康を維持する

真冬の最高気温が氷点下となる北海道において、冬のコートはファションのみならず、実用的に大きな意味を持ちます。

風邪に罹って仕事を休むと、仕事に穴を開けてしまうだけではなく、体調管理のできない人間だと評価されかねません

大学生なんかだと、秋に着るようなライトアウターを真冬まで着用している人も見かけますが、体調管理に注意する上でも、社会人となったら、ちゃんとした冬のコートを着たいもの。

極寒の冬を健康で過ごすためにも、防寒性に優れたコートはビジネスマンにとって必須アイテムとなっているのです。

ランチタイムの札幌では、コートを着ていない人も多く見かけます。地下街も多いので、意外とジャケットだけでも移動できちゃんですよね。くれぐれも風邪をひかないように、体調管理には注意しましょう。

ビジネスコートで大事なことはデザイン性と機能性

札幌のビジネスマンがコートを選ぶ上で大事なこと、それはデザイン性と機能性の二つです。

どちらを欠いても、ビジネスマンとしての評価に影響を与えかねないので、コートを購入する際には、デザインと機能性とのバランスを考えて検討しましょう。

デザインと機能性で方向性が決まったら、最後は予算で絞り込んでいくと失敗しないと思います。

ビジネスコートはスタンダードなものを選ぶ

冬が近づくと、ファッション雑誌ではアウター特集が始まり、「今年買うべきコートはこれだ!」みたいな記事が、どの雑誌にも並びますが、ビジネスコートの基本は、ごくスタンダードなものを選ぶことだと思います。

ビッグシルエットのようにトレンドに敏感であることも大切ですが、トレンドを意識しすぎると、軽薄な印象が前面に立って、仕事を疎かにしているのではないかといった、間違ったイメージを与えかねません。

また、トラッドなデザインのものでも、あまり現代的でないものは、特にファッションに興味のない人にとっては、コスプレ的な要素も多く、悪目立ちしてしまうだけといった結果を招いてしまうことも。

色、柄、スタイル、いずれも周囲に違和感を与えないものを選ぶのが、ビジネスコートの鉄則です。

オシャレを楽しみたいという人は、オフスタイルの中で楽しみましょう。

ビジネスコートは清潔感のあるものを選ぶ

ビジネスコートを選ぶときのポイントは、何をさておいても清潔感です。

汚れたものやボロボロのものは、もはや論外ですが、流行りのビッグシルエットでもあまりにルーズなデザインのものは、だらしのない人間という印象を与えてかねません。

ビジネスマンの場合、できるだけボディにフィットしたものを選んだ方が、スマートな印象を与えて、仕事のできそうな男に見せてくれそうです。

コートの色も、ネイビーやグレーなどの定番を選ぶと、清潔感をキープできます。

カーキやオリーブなどミリタリー色の強いものはカジュアルに振れる分だけ、ビジネスマンとしての清潔感にはプラスに働かないということに注意しましょう。

L.L.BEANのフィールドコートをビジネスでも愛用していた頃、周囲からは「どこかに飛んでいっちゃいそうなコートだな」と笑われていました。あの頃は若くて怖い物知らずだったから(笑)

ビジネスコートは新しいデザインを選ぶ

トレンドに流されすぎると軽薄な印象を与えますが、あまりにトレンドに無関心だと、時代の流れに鈍感な人という評価を受けかねません。

デッドストックのきれいなアイテムであったとしても、デザインが古すぎると周囲に違和感を与えてしまいます。

どんなにスタンダードなアイテムであっても、ちゃんとしたブランドのデザインには、時代性というものが反映されています。

せっかくコートを購入するのだったら、旧モデルではなく、最新モデルの中から選びましょう

古着屋で見つけたビンテージのブルックス・ブラザーズのダッフルコート。今にして思うと、ビジネスシーンではかなり違和感があったと思います。ビジネスシーンにコスプレは必要ありません。無理のない範囲で、最新のアイテムを購入しましょう。

ビジネスコートは3年で買い替える

ビジネスコートの寿命は、だいたい3年くらいが基準ではないかと思います。

「10年もの」という言葉がありますが、10年前のデザインのコートは、明らかにディテールが現代とは異なるために、周囲に違和感を与えてしまいます。

オフスタイルではともかく、ビジネススタイルではできるだけ時代の空気を反映したデザインのコートを着るべきです。

コートもビジネスツールと割り切って、3年間で買い替えるくらいのつもりでヘビロテした方が、いっそコストパフォーマンスも高いと思いますよ。

流行に流されて買ったブルックスブラザーズのショートダッフル。あっという間に着ることができなくなった。あのトレンドは何だったんだ…。一応、今も取ってあります(笑)

ビジネスコートはオーバースペックに注意する

ビジネスコートを選ぶときは、オーバースペックにならないように注意しましょう

札幌は公共交通機関や地下街の発達した大都会であり、テレビドラマ「北の国から」の世界とは違います。

自宅から地下鉄まで、地下鉄からオフィスまでという通勤のほかに、営業などの外回りでどのくらい屋外の行動をするのか。

何時間も屋外を歩くような仕事でなければ、ダウンジャケットのようにヘビーデューティーなアウターは必要ないでしょう。

一般的なビジネスマンの場合、一般的なコートにマフラーがあれば、札幌の冬なら十分に過ごすことができるはずです。

あまりにオーバースペックだと、逆に地下鉄や地下街で難儀しちゃいます。

極度の寒がりなので、とにかく機能重視で買ったカナダグースのダウンジャケット。通勤で屋外を歩く時間がほとんどなくて、明らかなオーバースペックだったと反省。北海道でも地方都市に行くと活躍するのですが…

ビジネスコートはインナー付きを選ぶ

シーズンを通して活用することを考えると、インナー付きのコートはコストパフォーマンスが高いと言えます。

冬の始まりと終わりはインナーを外して、最も寒い季節にはインナーを付けて。

インナー付きのコートは、2WAYで活躍してくれる万能選手ですよ。

毎月アウターを替えたいというマニアックな人には、あまり関係がありませんが、1着で3シーズンを通すなら、インナー付きアイテムが絶対に高コスパです。真冬の間にインナーをなくしてしまわないように注意しましょう(反省してます)。

ビジネスコートはジャケット着用の上で試着する

ビジネスコートを試着するときは、必ずスーツかジャケットスタイルで。

うっかりジャストサイズのものを選んでしまうと、ジャケットを着た時にサイズが小さいということが起こり得ます。

店舗で「ビジネス用」と伝えると、ちゃんとしたお店では、ジャケットを貸してくれた上で、コートの試着をお勧めしてくれます。

若者向けのブランドでは、かなりスリムデザインのものも多いので、体型の気になる中高年の方は、特に注意しましょう(フロントのボタンが閉まらない可能性あり)。

ちなみに、ビジネス用のコートは必ず試着した上で購入すべきです。

イメージと異なっていた場合、最悪の場合、ビジネスシーンで着用することができなくなってしまいます。

A.P.C.のツイードコート。細身のシルエットに惹かれて購入したけど、ジャケットスタイルには窮屈だった。ビジネスシーンを考えると、ワンサイズアップでも良かったかなと反省。スマートなビジネススタイルって、ほんと難しいと思う。

ビジネスコートはオンオフ兼用にしない

オンオフ兼用というキーワードがトレンドですが、コートに関してはオンオフ兼用という考え方から離れた方が賢明です。

「仕事のできる男」を意識したコートは、どうしてもビジネスライクなビジュアルになるからです。

オンオフ兼用にしなくてはならない場合は、とにかくビジネスシーンでの着用を第一に考えて購入したものを、休日シーンでも使うようにしましょう。

オンオフ両方で活躍するコートを探そうと思ったら、結局、どちらも中途半端になりかねません。

率直に言って、10万円でオンオフ兼用コートを1着買うよりも、5万円ずつの予算でビジネスコートと休日コートの2着を買う方が、それぞれのシーンでの活躍機会も多く、コストパフォーマンスは高いと思いますよ。

アウターが好きなくせに、何だか貧乏性なので、幾度となくオンオフ兼用のアウターに挑戦しては失敗し続けている。オンとオフのスタイルが違いすぎるという根本的な問題が大きいかも…。休日も仕事みたいなスタイルが多いという人は、意外とオンオフ兼用イケたりして。

ビジネスコートは価格に比例する

これまでにたくさんのコートを買ってきて悟ったこと。

それは、ビジネスコートは価格に比例するということです。

3万円のコートよりも5万円のコートの方が満足感は高いし、さらに10万円のコートの方が一層の満足感が得られます。

コートの値段は、デザインと素材、技術によって構成されているので、品質が価格に比例するというのは、実に当たり前のこと。

3万円のコートを購入するときは、「3万円のコートにしか見えないコートを買う」ということを、しっかりと認識してから購入しましょう。

自分の経験でいうと、アウターに関しては「お値段以上」という魔法のアイテムはなかなか見つからないと思う。高いコートを買うたびに「コートって値段だなあ」と感じてしまうし、安いコートを買ってしまったときも「コートって値段だなあ」と感じてしまう。

ビジネスコートの適正価格とは?

それでは、ビジネスコートの適正価格とはいくらなのか?

答えとしては「正解はありません」ということになります。

暮らしの中でビジネスコートにかける比重は価値観によって異なるし、年代が変われば地位や所得も変わって、ビジネスコートに求められる役割も自ずと変わってくるからです。

普通のビジネスマンの場合、アラフォーで5万円程度のコートを着ていれば、特に恥ずかしい思いをすることもないように思います。

そして、もっと若い方は3万円程度でも、もっと年配の方は10万円程度でもというように、所得や地位も意識しながら、値段を幅を広げていけばよいのではないでしょうか。

アウターって満足感が高いアイテムなので、そこそこ予算を投資する価値があると思います。ネクタイやシャツを少し我慢しても、良いコートを1着買った方が、投資の効果は高いようにも思います。(アウターマニアの独り言)

札幌のビジネスマンにお勧めの定番ビジネスコート

それでは、ビジネスマンは実際にどのようなコートを選べばいいのか。

ビジネスシーンで活躍するコートは、ステンカラーコート、トレンチコート、チェスターコートの3種類です。

ビジネス用のコートを購入するときは、この3つのタイプの中から選んでおけば、まず失敗することはありません。

誠実な印象のステンカラーコート

ビジネスコートとして、最もスタンダードなデザインがステンカラーコートでしょう。

ファッション性を維持しながら、誠実なビジネスマン像をキープしてくれます。

普通のサラリーマンで、特別のこだわりがなければ、ステンカラーコートを選んでおけば間違いありません。

色気の溢れるトレンチコート

ファッション性を重視したい方には、トレンチコートがお勧め。

色気が強く出るので、できるだけコンサバなデザインのものを選んだ方が無難だと思いますよ。

外国映画なのでお馴染みのコートですが、主張しすぎないように注意しましょう。

トレンド最先端のチェスターコート

トレンド重視の方は、とにかくチェスターコートです。

どこのショップに行っても、ビッグシルエットなラグランスリーブのチェスターコートが揃いまくっています。

ビジネス用のコートは、あまりルーズにならないものを選びましょう。

ファッション雑誌でもルーズシルエットのチェスターコートが満載。チェック柄だったりすると、頑張ってる感も満載です(笑)

札幌のビジネスマンにお勧めのアウターブランド

以上のようなポイントに注意して、ビジネスマンにお勧めのビジネスコートを扱うブランドを、ご紹介してみたいと思います。

いずれも、普段、自分で利用することの多いブランドばかりです。

管理職の威厳を醸すブルックス・ブラザーズ

created by Rinker
BrooksBrothers(ブルックスブラザーズ)
¥97,900
(2020/12/03 22:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

貫禄あるコートスタイルに憧れている方には、アメリカントラッドの雄「ブルックス・ブラザーズ」がお勧め。

めちゃくちゃコンサバなので、管理職の方にはいかがでしょうか。

定番のステンカラーコートは8万円くらいから。

現在は、札幌丸井今井に店舗があります。

札幌シャンテにショップがあった頃に、定番のバルカラーコートを購入したことがあるのですが、ある程度の年齢の方でないと、服に負けてしまうような気がします(僕は思いきり服に負けました)。

貫禄と色気を両立させるJ.PRESS

「ブルックスブラザーズ」のライバル「J.PRESS」も、毎年コンサバなバルマカーンコートを提案しています。

ビジネスシーンで活用するには、最適なコートスタイルを構築することができます。

ブルックスブラザーズやJ.PRESS、ニューヨーカーといったブランドは、いわゆるアメリカン・トラッドの鉄板ブランドなので、ビジネスマンとして恥ずかしい思いをすることはないと思いますよ。

定番コートは8万円くらいから。

J.PRESSは、札幌大丸と札幌丸井今井にショップがあるので、とても便利です。

上司にJ.PRESS好きの人がいて、とにかくその人に憧れて、ビジネスファッションに目覚めた。初めて買ったJ.PRESSは定番のネイビーブレザー。今も棄てられない。

仕事のできる男をめざすならニューヨーカー

仕事のできるビジネスマンというイメージを作りたいなら、「ニューヨーカー」のステンカラーコートがお勧めです。

ニューヨーカーの特徴は、幅広い年代に対応しているということではないでしょうか。

特にビジネスコートの場合は、あまり年齢の差を意識させないデザインのものを選んだ方が、印象として悪くないようです。

個人的に今シーズン最も注目しているブランドです。

定番のステンカラーコートは、6万円くらいからあります。

札幌丸井今井にショップがあるので、試着しながら購入することができます。

お手頃価格でスタイリッシュなザ・スーツ・カンパニー

お値価格のビジネスコートをお探しの方には、ザ・スーツ・カンパニーがお勧め。

十分にトレンド感を出しながら、機能性に優れたアウターを提案してくれています。

若いビジネスマンの方には、一番にお勧めしたいブランド。

定番のコートは3万円台で購入できます。

札幌では4プラ(4丁目プラザ)にショップがあります。

お手頃価格でトレンドをものにするユニバーサル・ランゲージ

created by Rinker
UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)
¥86,900
(2020/12/03 23:36:00時点 Amazon調べ-詳細)

もう少し高級感が欲しいという方にお勧めなのが、ザ・スーツ・カンパニーの兄貴分、ユニバーサル・ランゲージ。

トレンドを意識した上質素材のアイテムを毎シーズン提案しています。

ブランドの歴史とか伝統とかにはあまりこだわりがなくて、とにかくコスパ重視という方には、洩れなくお勧めです。

ザ・スーツ・カンパニーよりも少しお高くて、定番コートは4万円台から。

札幌大丸に店舗があります。

英国の名門ブランド マッキントッシュ

ゴム引きコートで有名なイギリスのマッキントッシュ。

名門ブランドですが、セカンドラインのマッキントッシュフィロソフィーにも、お勧めのコートが揃っているので、チェックしてみてください。

定番コートは10万円くらいからで、フィロソフィーだと8万円くらいからあります。

札幌大丸、札幌丸井今井、札幌東急にショップがあるので、買物はすごく便利ですね。

マッキントッシュのゴム引きコート。クリーニングに失敗して再起不能になって以来、トラウマで手が出せない。

トレンド最先端のBEAMS

created by Rinker
B MING LIFE STORE by BEAMS(ビーミング ライフストア by ビームス)
¥27,500
(2020/12/03 23:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

トレンド感を重視したい方には、「ビームス」がお勧め。

毎シーズンいろいろなタイプのコートを提案しています。

ウール素材のコートは季節感たっぷりで、個人的に愛用しているものが多いです。

お値段は3万円台から10万円以上まで様々。

幅広い役職の方にお勧めできます。

札幌ステラプレイスにもショップがありますが、ビジネススタイルのアイテムは、大通エリアにある「ビームス札幌店」の方が揃っています。

ビームスってビジネスからストリートまで幅広く取り扱っているので、ついうっかりビジネスと関係ないものまで買ってしまいがち。ショッピングは計画的に。

高コスパでトレンドと付き合うグリーンレーベルリラクシング

created by Rinker
UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
¥44,000
(2020/12/04 07:35:32時点 Amazon調べ-詳細)

ビームス最大のライバル、ユナイテッド・アローズ系では、コストパフォーマンスの高いアイテムが揃っているグリーンレーベルリラクシングというブランドがお勧め。

アラサーからアラフォーのビジネスマンだったら利用してみる価値ありです。

定番コートだったら3万円台から。

札幌ステラプレイスにショップがあります。

ステラのグリーンレーベルにいたハッピーな男性スタッフ。コートを試着したときも「ハッピーなカラーですね!」と、とにかくテンションが高くて、楽しく買い物ができたことも、今では良い思い出。

コンサバ派に絶対お勧めなSHIPS

コンサバなセレクトショップといえばシップス。

ビジネスシーンに最適なアイテムが、たくさん揃っているので、ビジネスマンの方には特にお勧めです。

冒険よりも安心を重視したい方に。

定番コートは3万円台から。

札幌パルコにショップがあります。

色気重視のナノ・ユニバース

お洒落感を出したい人に大人気のナノ・ユニバース。

意外とビジネスシーンで使えるアイテムが多くて重宝します。

アウターもお手頃価格のものからあるので、若い方にはお勧め。

3万円台からオシャレなコートが手に入ります。

札幌ステラプレイスにショップがあります。

まとめ

以上、札幌のビジネスマンにお勧めのビジネスコートについて整理してみました。

最後に、ビジネスコートを購入する際のポイントをまとめておきます。

・ビジネスコートはスタンダードなものがお勧め
・ビジネスコートは必ず試着してから購入する
・ビジネスコートの品質は価格に比例する

アウターは高価な買い物なので、迷うことも多いと思います。

ネットだけではなくて、デパートやセレクトショップで実物をいろいろと試着しながら、お気に入りの一着を見つけ出しましょう。

ABOUT ME
ひつじ
ひつじ
札幌大市民。18歳のとき、住みたい街ランキング1位の札幌に移住。カフェ巡りと文学散歩を軸に、季節の札幌散策を楽しんでいます。札幌ステラプレイスが大好き。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。