旧・札幌ピープル

退職や異動の御挨拶でもらったお菓子~柳月から鳩サブレーまで

退職・異動の挨拶の菓子はいらない?

3月・4月は、別れと出会いの季節ですね。

職場でいろいろなお菓子を頂きました。

転勤挨拶の手土産でもらったお菓子

4月は転勤の季節である。

虚礼廃止と言いながら、御挨拶代わりにお菓子を配って歩く人も少なくないようだ。

札幌で働いている人は、どんなお菓子をもらっているのか。

参考のために、いくつか紹介してみたい。

柳月「あんバタサン」

柳月のあんバタサン柳月の定番「あんバタサン」

まずは、柳月の定番人気商品「あんバタサン」。

十勝銘菓とあるが、別に十勝地方から来た人にもらったものではない。

柳月は、札幌市内にも店舗が多いためか、御挨拶代わりに頂く機会が多いような気がする。

値段もお手頃で、定番品が多いので、好き嫌いが別れにくいところが選ばれているのかもしれない。

ちなみに「あんバタサン」は、あんことバターのマリアージュが特徴の<北海道サブレサンド>である。

お土産だけではなく、地元の人がおやつに食べることも多いらしい。

柳月「春の桜せん」

柳月「春の桜せん」柳月「春の桜せん」

停年退職する先輩からお礼にと頂いた柳月「春の桜せん」。

季節感のあるお菓子が多いところも柳月の特徴か。

春らしくていいけれど、桜風味は好みが分かれるかもしれない。

水野商店「網走監獄から帰りました」

水野商店「網走監獄から帰りました」水野商店「網走監獄から帰りました」

網走から転勤してきた人に頂いた「網走監獄から帰りました」。

ほとんどウケ狙いだと思われるが、食べたら美味しくて驚いた。

上品なごまだれきな粉餅で、甘すぎず、小さなサイズも食べやすくていい。

一箱もらったので、お茶受けに少しずつ食べている。

水野商店は網走市に本社のある菓子問屋らしい。

ガトー・ド・ボワイヤージュ「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」

横浜名物「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」横浜名物「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」

横浜名物「幸せを呼ぶ馬車道馬蹄パイ」。

別に、横浜から転勤してきた人にもらったものではない。

札幌市内で異動するときは、内地のお洒落なお菓子を選んだりするらしい。

「ガトー・ド・ボワイヤージュ」は、札幌三越に支店が入っている。

デパートで手土産を選ぶと、ちょっと高級感があるものになる。

この手のパイ菓子は大好きなのでうれしかった(笑)

豊島屋「鳩サブレー」

豊島屋「鳩サブレー」豊島屋「鳩サブレー」

誰からもらったのか分からないけれど、鎌倉名物、豊島屋の「鳩サブレー」。

さすがに「鳩サブレー」は札幌では売っていないから、きっと、鎌倉から転入してきた人が配っていったのだろう。

久保田万太郎に「鎌倉の春としまやのはとさぶれ」という句がある。

万太郎は本当に鳩サブレーが好きで、鎌倉在住時代、おやつにしていたらしい。

札幌ではなかなか入手できないので、たまにもらうとうれしい。

自分も、鎌倉へ遊びに行ったときには「鳩サブレー」をお土産に買って帰ることが多い。

created by Rinker
¥2,430
(2024/05/26 06:28:52時点 楽天市場調べ-詳細)

手土産よりも笑顔で挨拶を

ほかにも、いろいろともらったけれど、とりあえず、主なものをご紹介してみた。

虚礼廃止の時代だから、手土産なんかなくても、誰も文句は言わない。

そもそも、誰に何をもらったかなんて覚えていないことが多い(あんまり、たくさんもらうものだから)。

ビジネスマンは手土産よりもコミュニケーションだと思う。

笑顔で挨拶してくれた方が、人の名前というのは覚えるものである。

ABOUT ME
kels
札幌住み歴38年目。「楽しむ」と「整える」をテーマに、札幌ライフを満喫しています。妻と娘と三人暮らし。好きな言葉は「分相応」。