ミニマルライフ

チョコレートケーキのある幸せ。札幌三越のデメルで本物のザッハトルテを買ってきた。

チョコレートケーキのある幸せ。札幌三越のデメルで本物のザッハトルテを買ってきた。

札幌三越のデメルでザッハトルテを買ってきました。

2月になると、なぜかチョコレートケーキが食べたくなるんですよね。

芸術的な木箱も、大切に取っておこうと思います。

デメル札幌三越店のザッハトルテは100個限定

デメルのザッハトルテ。エンブレムは三角形。デメルのザッハトルテ。エンブレムは三角形。

雪まつり期間中は、街には近づきたくない。

街が、いつもとは違う街になっているからで、こういうときは、大抵おもしろくないことが起きる。

いっそ、街には近づかない方がいい。

そう思っていたけれど、今日から、札幌三越のデメルでザッハトルテを販売するという。

100個限定だから、呑気にしていると売り切れてしまうのだろう。

仕方がないから街へ出た。

昨夜から今朝にかけて、札幌では久しぶりに大変な雪が降った。

夜明け前に大雪警報が発令されて、おやおやと思ったくらいだ。

街はすっかりと雪に包まれている。

もしかすると、この冬一番の大雪だったかもしれない(少なくとも中央区では)。

雪が少ない冬は、本当に暮らしへの負担が少なくて助かると思う。

雪が少ないと雪まつりに支障が出るという話も聞くけれど、そもそも大量の降雪は、札幌の生活障害の大きな要因である。

雪がない方が暮らしやすいに決まっている。

午前10時過ぎに札幌三越に入ると、デメルの前には既に行列ができていた。

今日からザッハトルテの販売があるということを、みんな知っているらしい。

お年寄りが多いが、若い人たちもいる。

整理券を受け取って、順番が来るのを待つ。

お店では、今日はザッハトルテの日と決めているのか、黒い紙袋に入ったチョコレートケーキが、大量に並べられている。

「おいくつですか?」と訊かれたから「ひとつ、お願いします」と言った。

一人でいくつも買う人がいるのだろうか。

ザッハトルテの不毛な歴史

木箱の中で丁寧に包装されているデメルのザッハトルテ。木箱の中で丁寧に包装されているデメルのザッハトルテ。

ザッハトルテは、1832年にフランツ・ザッハが考案したチョコレートケーキである。

フランツ・ザッハは、オーストリア宰相の屋敷で働いていた職人で、その息子のエドワードが、後にホテル・ザッハを開業する。

ところが、ザッハトルテの販売権を巡って、デメルとの間で法廷論争が始まった。

ホテル・ザッハのものを「オリジナル・ザッハトルテ」と呼び、デメルのものを「ザッハトルテ」と呼ぶようになったのは、このときからだ。

ちなみに、ザッハトルテにはチョコレートのエンブレムが付いていて、デメルのは三角形、ホテルのは円形となっている。

不毛な争いの歴史はともかくとして、ザッハトルテが、ウィーンを代表するチョコレートケーキであることに間違いはない。

札幌三越に常駐するようになって、デメルのありがたみは薄れたような気がする。

バレンタインデーのチョコレートイベントでしか買えないという希少価値もあったのだろう。

それでも、いつでも美味しいチョコレートを買うことができる、というのは、一つの幸せだと思う。

今日のザッハトルテは、うちの奥さんが買ってくれた。

バレンタインデーのプレゼントということなのだろう。

created by Rinker
デメル
¥2,514
(2024/02/22 20:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
kels
札幌住み歴38年目。「楽しむ」と「整える」をテーマに、札幌ライフを満喫しています。妻と娘と三人暮らし。好きな言葉は「分相応」。