シティライフ

ローカルファーストでいこう。贈り物は「メイド・イン・サッポロ」の札幌ブランドがおすすめ。

ローカルファーストでいこう。贈り物は「メイド・イン・サッポロ」の札幌ブランドがおすすめ。

札幌で生産されている「メイド・イン・サッポロ」のアイテムをまとめてみました。

札幌限定の食べ物は、お土産としても人気がありますが、大切な人へのプレゼントには、特別感のあるモノを贈りたいですよね。

ここにあるのは、自分で愛用しているのものか、あるいは、今、自分で欲しいと思っているものばかり。

プレゼントにも、お土産にも、もらってうれしい「札幌ブランド」がおすすめです。

「SAVON de SIESTA」の手づくり石鹸

「SAVON de SIESTA」は、電車通りのカフェ「アトリエ・モリヒコ」の隣にある手づくり石鹸のお店です。

「SAVON de SIESTA」では、札幌の工房で厳選した自然の素材と製法にこだわりながら、ひとつひとつ丁寧に手づくりした石鹸を販売していて、とにかく石鹸の種類が豊富なことが特徴です。

毎月違う石鹸を使ったバスタイムなんて、最高の癒しではないでしょうか。

贈りものには、シエスタの定番石鹸をたっぷり楽しめるブロックサイズ6個セットがおすすめ。

石鹸以外のスキンケグッズやお風呂グッズも充実しています。

https://at-siesta.com/

created by Rinker
¥4,400
(2024/02/23 08:47:41時点 楽天市場調べ-詳細)

「とみおかクリーニング」のミルク缶入り洗濯洗剤

「とみおかクリーニング」は、酪農の町・中標津町生まれのクリーニング店です。

クリーニング屋さんなのに、オシャレな雑貨をたくさん扱っていて、特に、ミルク缶に入った粉末洗剤「粉末洗濯洗剤 ミルク缶入り」は大人気商品です。

洗濯と全然関係ないけれど、シャケをくわえた「木彫り熊キャンドル」はかわいすぎて、絶対にほしくなりますよ。

火を点けて灯すのがもったいなくなりそう。

http://www.tomioka-group.co.jp/

「花と雑貨ひととき」のアレンジメント

「花と雑貨ひととき」は、古いビルの6階にある隠れ家みたいなお花屋さんです。

店名のとおり、花を使った雑貨やなどが充実しているので、お花を好きな方へ贈り物をする際には、ぜひチェックしてみてください。

おすすめは、やはり、オリジナルのアレジメントです。

ホームぺージやインスタグラムでは、過去のアレジメント作品が、たくさん紹介されています。

オーナーは結婚式場での勤務経験のある方なので、ブライダルブーケも得意分野ですよ。

https://hitotoki-flower.com/

モリタの「函文庫DIYキット」

「モリタ」は、白石区にある紙製容器のメーカーです。

「ハコ」へのこだりは凄くて、一連の「ハコ雑貨」はついつい欲しくなってしまうものがいっぱい。

特におすすめは、不要になったブックカバーを「紙箱」として再利用してしまう「函文庫DIYキット」。

お気に入りのブックカバーが、紙箱としていつまでも活躍してくれますよ。

https://www.hakop.jp/

「24kirico」のペンケース

「24kirico」では、エゾ鹿の革を使ったレザー用品を開発しています。

シリーズ名は「EZO/slash(エゾスラッシュ)」。

バッグ類が充実していますが、お手軽なところでは、エゾ鹿革のペンケースがおすすめ。

ファスナーの引き手はエゾシカの角を使っているそうです。

https://24kirico.shop-pro.jp/

「おばけのマール」の絵本

「おばけのマール」は、<え・なかいれい ぶん・けーたろう>さんによる絵本作品で、これまでに10作品以上が発売されている人気シリーズです。

<まるやま>の頂上に住む小さなおばけ<マール>が主人公で、実際の札幌の街が、物語の舞台になっています。

時計台や科学館、図書館など公共施設のほか、人気カフェ「モリヒコ」が登場したりと、遊び心に富んだイラストには、札幌好きの心が癒されますよ。

http://www.ma-ru.jp/

created by Rinker
¥1,320
(2024/02/23 08:47:42時点 Amazon調べ-詳細)

「チエモク」の黒板消しストラップ

「チエモク」は、西区小別沢にある木工クラフト工房です。

地元北海道産の木材を使った木製雑貨は、北海道らしさ満点。

おすすめは、定番アイテムとなった黒板消しストラップ。

スマホのディスプレイ拭きに使えたりと、実用性もたっぷりです。

https://chiemoku.com/

「KEETS」のトートバッグ

「KEETS」は、円山西町にあるレザーブランドです。

「シンプル・ミニマル・ユニーク」をコンセプトに、オリジナリティたっぷりの革製品を開発中。

おすすめは、革製の鮭(シャケ)のチャームが付いている帆布トート。

エゾシカレザーの小銭入れも気になります。

シャケチャームのキーホルダーもほしい!

http://www.keets.co.jp/

「森彦」のコーヒーセット

「森彦」は、札幌市内に多くの店舗がある人気のコーヒーチェーンです。

店舗ごとに様々なコンセプトがあるので、ひとつひとつが違うお店と言っていいのが、カフェ・モリヒコの特徴。

共通しているのは、自家焙煎の美味しいコーヒーというところでしょう。

季節のコーヒーはもちろん、スイーツ好きの女性にはオリジナルのフードを添えて贈るのもおすすめです。

https://www.morihico.com/

「i.d.o」のパスケース

「毎日のお出かけを楽しく」をコンセプトに、個性的な雑貨を開発している「i.d.o」。

見た瞬間に「i.d.o」だって分かる、かわいいデザインは、女性に大人気です。

いろいろなアイテムが揃っていますが、牛本革のパスケースもおすすめ。

チラ見しただけではパスケースとは分からない?楽しいデザインに、通勤・通学も楽しくなりそうです。

https://ido-jp.stores.jp/

「キャンドリー」のキャンドル

「Candly(キャンドリー)」は、電車通り沿線にあるハンドメイドのキャンドルショップです。

手作りなれではのユーモア溢れるキャンドルが特徴で、とにかくたくさんの種類があって、毎日使っても飽きることがありません。

ギフトボックスも充実していて、注目は、流星キャンドルや隕石キャンドルなどがセットになった「北海道ほしぞらキャンドルセット」。

天体好きな人にはもちろん、北海道の星空へ憧れている人なんかにもおすすめですね。

http://candly.shop/

「がらす工芸札幌」のガラスペン

「がらす工芸札幌」は、1963年創業の老舗ガラス製品メーカーです。

熟練の職人による手作りのガラス細工が人気で、札幌市内の雑貨店などで商品を購入することが可能です。

おすすめは、ラインナップの豊富なガラスペン。

軸のガラス管の中にスターフラワー(ドライフラワー)が入ったシリーズは、女性に人気のアイテムなんですよ。

https://www.glassart-sapporo.jp/

「ボッコ」の手帳

「ボッコ」は、西区発寒の製本会社「石田製本」が制作している手帳のシリーズ名です。

「本のようなダイアリー」がコンセプトのハードカバー手帳は、プレゼントにもぴったりですね。

人気の「ボッコ」以外にも、いろいろなシリーズがあるので、迷う楽しみもできちゃいそうです。

https://i-bb.co.jp/booco/

「黒羽陶工房」のさっぽろ丸豆皿

黒羽陶工房は、札幌の染付磁器のブランドです。

うさぎのキャラクターが札幌の街を舞台に登場している丸豆皿は、小さくてお土産にもぴったり。

うさぎがラーメン食べていたり、雪まつりの雪像を見学していたり。

ちょっと不思議で癒される世界観は、絶対、癖になりますよ。

https://www.kuroha-tokobo.com/

まとめ

出典:unsplash.com出典:unsplash.com

札幌大好きな地元民としては、普段の買い物も、できるだけ「ローカルファースト」でいきたいと考えています(限界はありますが)。

大切な贈り物であれば、なおさら札幌らしさを重視したいところ。

札幌だからこその上質なアイテムを、皆さんも探してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
kels
札幌住み歴38年目。「楽しむ」と「整える」をテーマに、札幌ライフを満喫しています。妻と娘と三人暮らし。好きな言葉は「分相応」。